HOME > 会社案内 > 沿革

沿革

当店先祖発行の鉛銭

 写真の鉛切手銭は上州鉛銭と呼ばれ、江戸末期。寛永通宝の銭貨と共に、この地方に流通しており「堀吉/吉市」とある鉛銭は当店先祖の堀口吉右衛門と吉田市左衛門が鋳造、1850年~1872年頃にかけてかなり広く使用されておりました。その目的は商品券や小額銭貨の代用であり、庶民に愛用された鉛銭であったようです。上州数ヶ所で鋳造されましたが渋川地方の鉛銭は、他のものに比べて形、額面などバラエティに富んでいました。
 この鉛銭は独特な存在で、日銀本店の貨幣標本室に展示、保管されています。
 鉛30グラム[8匁] 、横17ミリ縦37ミリ(実物大)

詳しくは上州鉛銭のホームページをご覧下さい。

1953年(株)堀口商店の酸素部門を分離し、当社を設立渋川第1工場に1号機
資本金1,000万円
1955年伊勢崎市に直売所を設ける
1956年高崎市の東京酸素(株)を吸収、高崎工場とす(2号機)
1957年株式会社関東酸素工業所に改組
資本金2,500万円に増資
1958年渋川、高崎に3,4号機
1959年渋川に関東アセチレン工業(株)設立、アセチレン部門の充実
1960年資本金5,000万円に増資
1961年渋川第2工場新設(5号機)
(オンサイト・プラント)
1963年資本金7,500万円に増資
1964年太田に営業所を置く 液酸充填設備を設置(高崎、渋川)
日本で最初に高多孔度マス、アセチライトを開発 全国的に販売開始
1965年コカライトマスを続いて開発。この2つのマスは全国で圧倒的な人気を得る。
高崎の(株)阿部酸素店を吸収、後(株)マルホンと改称。
1966年太田に酸素充填基地を置く
1968年資本金1億円に増資 (株)堀口商店新社屋落成
1970年高崎市に液体酸素工場(6号機)完成
能力800m3/h
1971年4部10課制となる、(株)マルホン新社屋完成
1976年長野営業所開設、長野サンソ(株)と改称
1977年高崎工場にてアルゴン充填開始(200m3/h)
1978年高崎工場にて炭酸ガス設備完成(750kg/h)
1979年関東液酸株式会社を設立
1980年液酸工場2,400L/h稼動
酸素、窒素、アルゴン製造開始
資本金1億5,000万円に増資
1982年渋川工場に特殊ガス工場完成
新製品「カノックス」他特殊ガス開始
1983年新製品、溶接パック「ジェットウェルド」発売
会長 堀口吉七、社長 堀口靖之
1985年(株)ホームガスセンターマルホン前橋店に出資
1987年ガススプリング製造(ガス充填)開始
1988年エネルギー事業部発足、渋川LP工場完成
長野サンソ(株)新築移転(敷地1,600m2)
1990年カンサン株式会社に商号を変更
1991年カンサン流通株式会社設立、物流部門の充実
1994年AK型ガススプリング開発
1995年メディカル事業部開設
1996年ISO9001の認証取得JQA-1368号
高崎事業所リニュアル工場に増改築し容器の検査・管理を充実する
1997年群馬県中小企業モデル工場の指定を県より受ける
1998年渋川事業所シリンダー工場4期工事完工
1999年渋川事業所ヘリウム工場を新設する
2003年新洋酸素(株)へ関東液酸(株)として資本参加
2004年渋川事業所シリンダー工場を増設する
2005年高崎事業所、高崎新エアガス工場完成
2006年DOT規格(米国運輸省)再検査認証取得
2008年ウルトラコンテナ第6工場完成
会社案内 その他トピックス
関連資料 採用情報
ISO9001:2008 認証取得
DOT容器再検査 認証取得
ページの先頭へ戻る